風俗のメリット

風俗嬢はいろんな理由でその世界に飛び込んできます。
あるものは生活のため、あるものは子供のため、またあるものは欲しいものを手に入れるため…。
いろいろな理由があるにせよ、風俗嬢にもいずれは引退するときが訪れます。
最近は例えば熟女好きのためのそれ専門のお店であるとか、アブノーマルな嗜好のためのお店は増えているとはいえ、絶対数がそもそも大きくないためやはり加齢とともに風俗嬢を引退するようになります。

さて、そこで気になるのが引退した風俗嬢はどんな道を歩むのでしょうか?また風俗嬢をしていたことで起きるメリットや逆にデメリットはどんなものがあるのでしょうか?
今回はそれを紹介していこうと思います。

まず風俗嬢を行ったメリットについて。
一つ目は金銭面です。
毎日のように給料をもらえるということで、目の前のお金が必要な人にとっては非常にありがたいシステムです。
その日に稼いだお金はその日のうちに現金で渡されますので、その足で使うことも可能ですし、必要な支払いなどに回すことも可能です。

また成果主義ですので、働いた分だけ、一人でも多く対応した分だけどんどん給料が上がっていくので、その意味でも働き甲斐があるというものです。
また金額の単位も昼の仕事といわれる、たとえばOLなどをしていては絶対に無理なような金額がそれこそ数日で手に入ることもあるため、やはりメリットの第一として挙げられるのはこの高額のお金が即日手に入る、ということでしょう。

次に挙げられるのがコミュニケーションスキルが磨かれることです。
よくある話ですが、その店で人気ナンバー1の風俗嬢は見た目がよいというわけではない、いまいちパッとしないという嬢であったりすることがあるようです。
しかしその実、ものすごく会話やテクニックが長けていてそれがナンバー1の理由だったりします。
抜きのサービスを利用したことがある人ならわかると思いますが、だんだん単に若くてかわいい子よりも、少し年齢は上でも心身ともにいやしてくれる風俗嬢のほうが結果満足できることがある、それのことですね。
これはテクニックはもちろんのこと、相手のことを観察したり会話の節々から悩み事を感じ取ったり、そういったスキルが必要になってくるため、風俗嬢をしていてコミュニケーションスキルが上がったということは、風俗で働くメリットの一つとも言えます。
他にもまれなケースですが、お金持ちの人としりあうことになったり、場合によっては車やマンションを買ってもらったなんて人もいますよね。
そこまではいかなくとも高級ブランド品だったり、自分では躊躇してしまうような高い買い物をしてもらったりなど、意外なメリットも結構あります。